LCCが日本も変える

シンガポールから、バンコク、那覇、東京と出張すると、航空券はいくらになるでしょうか。

91千円。

この値段で、4,800キロを移動できるので、1キロあたりの料金は19円。ANAで千歳空港(500km)まで行くと、特割で22千円。70円/km。エクスペディアで、成田→ニューヨーク(6700km)の最安値を調べると、81千円。なので19円/km。LCCがこれほどアジアの空を安くしてくれたのかと思うと感慨深いものがあります。

 他に感慨深いものとしては、第1に、6フライトで、4社のLCCを使って、この値段ということ。25年前は、同じ航空会社で長距離を乗らないと、安くなりませんでした。航空会社のマイレージを駆使してました。今は、自分のスケジュールに合わせて、飛行機を選ぶことが可能です。

 第2は、「片道」航空券でこの安さだということ。コロンビアからアメリカに帰る時に、片道航空券よりも、往復航空券が安かったのを思い出します。往復を買って、帰りの便をキャンセルしてました。

 第3は、日本を含んでも、航空券が安いこと。25年前は、東京から那覇に行くよりも、海外に行く方が安かったりシました。冒頭の計算は、日本国内(沖縄)を含んでも、ASEANのLCCと同じような安さに仕上がっています。日本の空も変わってきてますね。

では。